ワンちゃんの食物アレルギーとは!?①症状はどんなもの?


今回は、ワンちゃんの食物アレルギーの症状にはどんなものがあるのかについての記事です。私たち人間と同じでしょうか?


まず「アレルギー」について、「アレルギー」とは本来体に害のあるものを取り除くはたらきをする「免疫反応」が、とくに害のないものに対しても過剰にはたらいてしまうことにより、体に害を及ぼしてしまう状態のことです。アレルギーを引き起こす原因物質は「アレルゲン」(抗原)と呼ばれます。


ワンちゃんのアレルギーでよく見られるのは、犬アトピー性皮膚炎やノミアレルギーです。しかし、私たちと同様に食物アレルギーも気をつけておきたいアレルギーのひとつです。

アレルギーには様々なタイプがありますが、食物アレルギーには「I型」と「IV型」が関わっていると考えられています。Ⅰ型は、IgEと呼ばれるが関与したアレルギー反応です。Ⅳ型は、リンパ球という免疫を司る細胞が関与したアレルギー反応です。

(ちょっと難しいかもしれませんね。。。)


食物アレルギーにおいては、この2タイプのうちのどちらか、もしくはその両方が関わって発症すると考えられています。


「I型アレルギー」が主体の場合は、比較的短時間で現れて短時間で消えますが、「IV型アレルギー」が主体の場合は、数日たってから症状が現れ、それが数週間持続することもしばしばです。

食べてはいけないもの(アレルギー反応を起こすもの)を食べたらすぐに症状がでる!というわけではないのですね!!


アレルギーによって引き起こされる症状は皮膚炎や鼻炎、目の炎症、腸炎など多岐にわたりますが、特に皮膚症状を起こすケースが多いようです。

具体的な症状としては、

・体をかゆがる

・フケが出る

・抜け毛が多い(ハゲができる)

・顔や耳の内側、目の周り、口周り、股の内側などが赤くなっている

・足の裏や指の間など、執拗に舐めたり噛んだりする

・下痢や嘔吐

などがあります。


症状はまもなくおさまりますが、同じ食べ物を与えるたびに再発します。ワンちゃんはかゆい部分を掻いたり噛んだりしてどんどん悪化させてしまうため、食後に顔やからだをしきりに掻いたり、かゆがったりすることがあれば、早めに獣医さんに相談しましょう(>_<)


この食物アレルギーの原因となるアレルゲンについては、次回記事にしようと思います!

GIFT for DOGs & CATs

獣医師開発のペットグッツブランドGIFT for DOGs & CATsのホームページです。 犬用プレゼントスイーツMOMIJI を皮切りに、様々な「楽しい時間、思い出を提供する」グッツを企画製造して参ります。 ブランドに興味のある法人のお客様はお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。 なんかワクワクしちゃうものを作って、一緒に発信していきませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000